我が家は第一子もベビーベッドはレンタルを利用し、
もうすぐ生まれる第二子のベビーベッドはレンタルにしました。

レンタルをする際の注意点などをまとめてみましたので、
ご参考にどうぞ。

IMG_5432

ベビーベッドのレンタルの手配はいつまでに?

いざ、レンタルするとなった場合、
どれ位のタイミングまでに手配するのが良いのでしょうか?

出産のタイミングも予定日通りにいかないこともあります。
予定日より大分前に借りてしまっても勿体無いですし、
ギリギリになってしまうとベッドの到着前に出産してしまう可能性もあります。

我が家の場合は、年末年始も挟むタイミングだったため
出産予定日の3週間前に到着するように手配しました。

年末年始やお盆やゴールデンウィークなど、
世間が連休に休みに入ると物流も混んだりして
荷物の到着に時間が掛かる場合もあります。

これらの期間でなければ、予定日の2週間前位で十分だと思います。

とは言え、ギリギリまでレンタルするか?それとも買うか?という
2択で悩んでいて、気がついたら予定日の1週間前だったということもあるかもしれませんが、
早いところでは注文日の14時までに注文すれば即日配送といったサービスもあります。

発送元と届け先にもよりますが、
早ければ次の日に到着といったパターンも考えられます。

とは言え、出産前後は何かとバタバタしてしまうので、
ベッド以外にも事前に準備できるものはしていたほうが良いです。

レンタル期間はどの位?

レンタルすると決めた後に、出て来る問題が
「いつまで借りるか?」という期間です。

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月といった期間で借りることができ、
例えば6ヶ月だったけどもうちょっと借りたいといった場合は、
1ヶ月ごとの延長レンタルも可能です。

金額的には長く借りたほうが月単位で計算するとお得になります。

我が家の場合は、第一子の時は6ヶ月にしました。
理由は、生まれてきた子がベビーベッドに適応する子供かどうかが分からなったためです。

第一子の6ヶ月というのは、
この期間にして良かったです。

第二子の時は1年にしました。
理由は、長男が居るのでなるべく手の届かない所に置いておきたいと考えたからです。

とは言え、ベビーベッドに適応する子なのかがまだわかりませんので、
様子をみてまたレポートします。

ベビーベッドをいつまで使えるか調べてみると24ヶ月(2歳)ごろまで、
使えると表記している場合が多いですが、これはあくまで2歳児の体重12~13kgくらいまで
を支えることができますというもので、多くの子供が2歳までベビーベッドを使用するというものではありません。

3ヶ月でベッドを嫌がる子もいれば、2歳までベビーベッドで寝る子もいます。
また、日中はベッドが大丈夫でも夜は親と添い寝したい子など、子供によって適応はバラバラです。

期間に迷うようであれば、一先ず6ヶ月借りてみて様子をみるのが良いかもしれません。

レンタルなので衛生面や不具合が心配?

レンタル商品なので、
基本的には他の誰かが使用したものになります。

新品をレンタルするところもありますが、
割りと早く埋まってしまいます。

衛生面やレンタル品であるが故の不具合が気になりますね。

レンタル品はしっかりと除菌し、整備された状態で
新しい借り主のところに届けられるので、そういった心配はありませんでした。

ただし、ベビーベッドは木製の製品なので、
使用感(細かい打ち傷など)はあります。

これは使っていくうちにできてしまうものなので仕方ない点です。

逆に言えば、このベビーベッドが色々な赤ちゃんの成長を見守ってきた勲章とも
受け取れます。

レンタル品なので、他人が使用したものは絶対に嫌だという方は、
新品レンタルか新品を購入した方が精神衛生的にも良いです。

これは個人の考えなので、レンタルに抵抗があるのであれば、
思い切って買ったほうが気持ちがスッキリすると思います。

第二子なので変更したポイント

我が家は第一子(男の子2歳)、第二子(女の子)ともにベビーベッドはレンタルしました。

とは言え、長男が居るため
第一子と第二子のベッドは同じものにはしませんでした。

第一子の際は、初めての子供となりどんなベビーベッドをレンタルすれば良いのか、
なかなか判断基準が難しかったので、スタンダードなものをレンタルしました。

しかし、今回は2才児の長男が居る上でのベビーベッドレンタルとなるので、
ちょっかいを出せないように、スタンダードタイプより高さのあるハイタイプのものにしました。

色々調べてみると、上の子がよじ登るといったケースを見かけますが、
そこは根気よく言いきかせていこうと思います。
(ベビーベッドが届いた日には自分のおもちゃかのように遊んでいましたが・・・)

あとは、女の子なので色をアイボリーにしました。

レンタルしたベッドで共通して選んだのは、
下に荷物が置けるタイプのものです。

オムツやお尻拭きなどのベビー用品をまとめて買うので
何かと置く場所が必要になってきます。

家もそこまでスペースの余裕がないので、
ベッドの下が物置になるタイプのものは重宝します。

レンタル申し込みから到着、組立まで

レンタルは、第一子、第二子と同じところで申し込みました。
ネットからの申込みなので、スムーズに完了しました。

荷物も指定日にしっかりと届きました。

そして、ここからが本題です。

組立ですが、組立自体は難しくないのですが、
1つ1つのパーツが大きく重量があるので、
男性でもちょっと根気のいる作業になります。

女性ひとりで組み立てるのは難しいまでは言いませんが、
2人一組で行ったほうが良いです。

場所によっては搬入、組み立てまでやってくれるので、
旦那さんも忙しく、女性一人で組み立てるしかないような状況であれば、
そのようなサービスを利用することをオススメします。

組立に必要なのはマイナスドライバー1本です。
ドライバーセットに入っている大きなマイナスドライバーで事足りました。

マイナスドライバー以外にあったほうが良いのは
・カッター(荷解き時に)
・すべり止め付きの軍手(パーツの取り出しや、ネジ締めの時に)
です。

組立の時間は20分弱でした。
(私の場合は以前に一度組み立てているので20分ほどでしたが、
初めての方は30~40分ほど見ておいてください。)

まずは、荷解きからです。
梱包箱がかなり大きい(2畳分位)ので、
玄関から居間に運ぶのにも一仕事です。
(この梱包箱は返却時に必要なので捨てずに取っておいてください。
折りたたんでの保管でもOKです。)

IMG_5413
そして、中身を取り出します。
一度、荷物を寝かせてから中身を引っ張り出します。

IMG_5422

各パーツの確認、組み立て説明書に添って進めていきます。

IMG_5426

ネジはある程度までは手で回して、
その後にドライバーで締め付ける形になります。

こういったところはドライバーの柄が引っかかってしまい
締め付けが出来ないので最後まで手で締めます。

IMG_5430

キャスターはカチッと差し込むだけでOKです。

これで完成です!

IMG_5432

こちらで借りました。

ベビーベッドのレンタル業者はたくさんありますが、
私は楽天のグッドベビーというところでレンタルしました。

ベッド以外にもベビーカーやベビーバス、ゲートなど
色々なベビーグッズのレンタルサービスを提供しています。

>>詳しくはコチラから